彼氏を否定し続けたことがきっかけで別れてしまった女性が復縁に成功した体験談を公開!

彼氏を否定している女性の画像

復縁体験談を公開! 彼氏を否定して別れた女性の復縁体験談

復縁アドバイザー元木
パートナーとの未来を本気で描いているからこそということが原因で別れてしまった女性の復縁体験談を公開させていただきます。
今回の復縁体験談は、別れて良かったというオールハッピーという事例です。

彼氏を否定して別れてしまったある女性の復縁体験談

彼を否定した結果、別れることになってしまったものの、6ヶ月で復縁に成功するまでの過程です。

復縁体験者様のプロフィールと付き合ったきっかけ

Rさん
25歳
女性
未婚

彼氏とは高校の同級生で、同じ部活をしていた仲でした。
大人になってから部活の仲間同士で飲み会を開いた時、彼とそこで再会し、付き合い始めるようになりました。

付き合うようになってから2年の間は幸せな日々でした。
デートの回数はそこまで多くありませんが、LINEで毎日連絡していましたし、月に数回のデートは充実したものでした。

彼氏を否定し続けたのが別れの原因

しかし、ある日彼氏が今の仕事を辞めてフリーターを続けながら、やりたいことのために勉強をしたいという話をされました。
その時、私は彼を応援するのではなく、否定してしまいました。

その話をされる前に彼氏と会った時、「そろそろ一緒に住みたいし、両親に紹介したいんだけど良い?」という話をしていたのですが、後からそれは私が一人で浮かれていたことに気付かされました。

「フリーターの彼なんて親に紹介しても許してくれないよ!」と周りの目を気にするだけの私は、彼の事を考えずに強く当たってしまいました。

それから彼との連絡が少なくなったので心配して私の方から連絡した結果、彼の方から「自分のような人間と付き合っていたらいけない、君にはもっと良い人が見つかるよ」とLINEで言われました。

復縁マニュアルの存在を知って復縁を決意!

それ以来、私は精神が不安定になり、仕事も手がつかなくて、食事も取る気力がありませんでした。
もう彼とよりを戻せる可能性はないのか。
私は諦めたくない、そう思っていた時、宮脇さんの復縁マニュアルの存在を知りました。

彼から別れを告げられた時、ちゃんと会ってお互い了承して別れたというわけではなかったので、彼からすると自然消滅になってしまっているのかもしれませんが、私は完全に終わらせたくなかったので、また落ち着いたらきちんと会って話をしたいと返信を送っていました。

そのいつかのために、私にできることをやろうと思い、マニュアルとサポートに従って自分を見直すことにしました。

冷却期間中は自分磨き!

冷却期間中は、彼との距離を置こうと思い、SNSや連絡に使っていたLINEなどを覗かないようにして、彼と撮った写真なども視界に入らない場所に仕舞っておくことにしました。

一人の時間が増えましたが、何もしないでいるとネガティブなことを考えてしまうので、自分磨きのためにダイエットに励んでみたり、イラストを描いたりして集中する時間を作るようにしていました。

元彼からの連絡がきっかけで復縁!

そこから期間が経ち、彼の方から連絡がきました。
新しい転職先で落ち着いたようなので、ゆっくり会えるようになったという内容でした。

その後、彼と無事会うことができ、お互いの想いを話し合いました。
私は、彼のことを理解してあげられなかったことへの謝罪、別れた後に気付いた大切さなどを話ました。

私の話を聞いた後、彼が「付き合っていた頃の方が幸せだった、お前がいないと辛くて悲しい」と言ってくれたため、復縁することになりました。

私はマニュアルのおかげで相手の都合を考える大切さを学ぶことができました。
これからはお互いを尊重しつつ、思っていることを言い合える関係になっていきたいと思います。

彼氏を否定して別れた女性の復縁体験談のまとめ!

復縁アドバイザー元木
別れの原因は結婚を意識してのダメ出しでした。
かと言って、定職に就かずに夢を追うという男性を応援するのも難しいですよね!
今回のケースは一度別れて復縁して良かったと心から思えるサポートしがいのあった復縁成功例です。
この手のケースで別れることは多々あります。
同じような状況になってしまった方は是非、復縁サポートサービスを利用してみてください。

復縁サポートサービスのオススメランキング

復縁のプロのメールサポートサービスであれば、復縁工作業者や別れさせ屋とは比べ物にならないほど料金は安価です。
プロのアドバイスに従って、復縁に必要な冷却期間をしっかり取り適切なタイミングでアプローチをすれば、きっと高確率で復縁に成功できますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です