精神的な余裕がない人へ「復縁したい!」とLINEを送ってはダメな理由!

精神的な余裕がない人のイメージ画像

復縁のプロが解説! 精神的な余裕がない人へ「復縁したい!」とLINEを送ってはダメな理由

復縁アドバイザー元木
復縁希望者の多くは、元カレ・元カノに不本意にフラれてしまったため、「やり直したい!」と強く願って復縁を試みます。
そしてプロのアドバイスを受けない方は、フラれてからすぐに連絡(主にLINE)を送ってしまい撃沈します。

復縁には冷却期間を取らなければならないのにも関わらず…。

その冷却期間は1ヶ月以上と言われていますが、精神的な余裕がない人へは3ヶ月以上を推奨します!
その理由を当記事で説明させていただきます。

精神的に余裕がない人とは!?

ここで言う、精神的に余裕がない人とはどのような人のことを指すのでしょうか。
この人キャパが狭いな~、ちょっとしたことでもすぐに追い詰められるな~というようなという人の他、復縁における精神的に余裕がない人は、大まかに下記の2種類の人間です。

メンヘラな人

女性に多いのですが、情緒が不安定な俗にいうメンヘラな人です。
LINEを送るタイミングによっては、その内容をSNSに晒されたり、わざと復縁希望者を怒らせるようにとしか考えられない行動を取ってきます。

第三者を巻き込んでしまい、状況が挽回できないほど悪化するケースもあります。
メンヘラな人を心の底から心配するご家族が入ってくると、警察沙汰・裁判沙汰になることも…。

趣味・仕事を失ってしまった人

趣味や仕事のことをフラれた方は要注意です。
主に男性に多いです。

例えばたとえそうではないとしても、元カレ or 元カノ側から、「趣味のサークルに顔をだせなくなった」「仕事で昇進のチャンスを失った」のは、「あなたのせいだ!」と思われていないでしょうか。

精神的な余裕がない時は、頻繁に連絡が来ると、「弁解・反論される」と身構えてしまいます。
警戒心を持たれてしまうと、復縁はうまくいきません。
もちろん、3ヶ月以上の冷却期間を取った後でも弁解してはなりません。

復縁したいなら3ヶ月は連絡を絶つ!

精神的に余裕がない人は、複数のことを同時に考えることができません。
しようとする行為自体を拒絶してしまいます。

つまりそんな状況の人に「復縁したい!」と連絡をしても必ず拒絶されます。
仮に「今はその気分じゃないからちょっと待って。」と言われても、「じゃあ、どのくらい待てば言いの?」と返してしまうことで、相手を追い詰めてしまいます。

実はこのやり取り、復縁失敗の王道パターンです。
特にLINEを送ってしまい、ブロックされてしまったというパターンが多いです。

でも成功の王道パターンもあります。
それはフラれてから最初の連絡をするまでに3ヶ月以上空けること!

この時点で相手から久々に会いたいと言ってくる率も10%以上あります。
急がば回れということで、3ヶ月以上の冷却期間を心掛けましょう!

あなた自身は精神的に余裕がある人を演じる!

精神的に余裕がない方を復縁するためには、大らかな心を持つことが必要となります。
相手の余裕がないところを、あなたの余裕で埋めてあげるというイメージです。

実際にあなたが精神的に余裕がある人ではないのであれば、精神的に余裕がある人を演じることで問題はクリアできます。

例えば、トラブルを抱えて落ち込んでいる時にその原因をあなたのせいということにして慰めてあげましょう!
例えば、小さな成功に喜びを感じている時にその10倍褒めてあげましょう!

ストレスは溜まりますが、復縁したいというのであれば俳優になった気持ちで復縁するまで演じ切ってください。

精神的な余裕がない人と復縁するためのNG行為のまとめ

復縁アドバイザー元木
もし復縁したいと本気で考えている場合に、その相手が精神的に余裕がない人・余裕がない状況だと分かっているのであれば、それはとても貴重な情報です。
その貴重な情報を上手に活かしてください。

間違ってもすぐに「復縁したい」とLINEを送ってはいけません。
最大のNG行為です。

3ヶ月以上の期間を空け、精神的に余裕がある人になってアプローチ!

少なくともここだけは頭に叩き込んでください!

復縁サポートサービスのオススメランキング

もっと詳細な復縁のアドバイスをお求めの方は、復縁メール相談サポートサービスを利用しましょう!
復縁工作や別れさせ屋とは比べ物にならないほど料金は安価です。

そもそもこの事案の場合は相手に新たな恋人がいないケースが多いので、復縁工作や別れさせ屋の手口とは相性が悪いのです。
復縁期間をしっかりとって、最も復縁確率の高いアプローチで攻めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です