復縁のきっかけとは実はとっても単純だった!

同窓会を想起させる学校の教室の画像
復縁アドバイザー元木
復縁相談者様からよく聞かれることの一つに、「復縁のきっかけ」があります。
要するに「復縁に成功した人のきっかけって何ですか」ということ。
成功例を参考にしたいという訳ですね。

実はそのきっかけとは広義の意味ではほぼ共通しています。
きっかけの多くは経緯は違えど、実はほぼ同じなのです。

ヒントは同窓会にあった!

高校・大学などの同窓会で再会をしたことをきっかけに再び付き合うことになった!
同様に同窓会で久々に元カレ・元カノに再会をして浮気・不倫をしてしまった!

そんな話をよく聞きませんか?
世間では非常に良くあるパターンの一つです。

きっかけは久々の再会です。

この久々の再会とは、「非常に長い冷却期間」に置き換えることもできます。
復縁に絶対に必要な冷却期間がめちゃくちゃ長いのが同窓会での再会なのです。

長い冷却期間は復縁成功率アップ!

復縁の失敗例の多くは冷却期間中に相手に連絡を取ってしまうこと。
別れてすぐに連絡をして嫌がられてLINEブロック、そして実際に会いに行って撃沈というパータンが多いです。

同窓会の復縁例と照らし合わせてみるとこんなことが見えてきます!

復縁成功確率は冷却期間の長さに比例する!

私は復縁したい人へのアドバイスに長めの冷却期間を取ることを必須としています。
どんなに短くても1ヶ月間!!

なぜ長い冷却期間が必要なのか、頭で理解してからでないと実行できないという方は、「同窓会」という3文字を思い出してください!
冷却期間が増えるにつれて成功確率がアップするので、できる限りその冷却期間を長くするのだという強い意識を持って連絡・接触を控えるのです。

復縁のきっかけのほとんどは十分な冷却期間

お互い復縁したいとも思っていなかったのに復縁してしまったというケースは、超長期間に及ぶ冷却期間を経ての再会です。
その代表的なのものが同窓会ですが、街で偶然会うというケースもあります。

お互いが特に復縁を望んでいた訳ではないのに復縁に至るということは特筆すべきこと!
冷却期間が長いとこんなことも頻繁に起こるのです。

ですが、冷却期間を例えば10年以上も取れないですよね!
でもなるべく長くした方が復縁確率は高い。

ということで十分な冷却期間を取ることを心掛け、それを1ヶ月以上と推奨しているのです。
1ヶ月以上の冷却期間を取り、復縁のプロのアドバイス通りアプローチした人たちの多くは復縁に成功します。
そのきっかけのほとんどは、十分な冷却期間(久々の連絡・再会)なのです。

復縁のきっかけについてのまとめ

復縁アドバイザー元木
よくある同窓会を通しての復縁のきっかけは、超長期間に及ぶ冷却期間
そして復縁のプロのアドバイスによる復縁のきっかけは、十分な冷却期間

共通するのは冷却期間です。
復縁成功のきっかけ視点で考えると、まずは連絡・接触を断つ我慢が重要であることがわかります。

我慢ができなくて途中で連絡するからズルズル復縁の可能性を低くしてしまうのです。
本気で元カレ・元カノと復縁したいと考えているのであれば、どうして同窓会で復縁する人が多いのかということを考えてみましょう!

復縁成功率を上げたいならプロのアドバイス!

復縁のきっかけはほぼ共通していることがお分かりいただけたと思います。
でも冷却期間を取った後のアプローチは、属性・状況によって大きく変わります。

復縁成功確率を高めたいのであれば、復縁のプロのアドバイスに耳を傾けてください。
多くの事例を知っているだけに、成功パターンも把握していますからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です